医学部の予備校が人生の出発点となりました

いち早く考え方を切り替えることが出来ました

医学部の予備校に行けば誰でも分かる事になるはずですが、ゆとりを持っている人は間違いなく落ちこぼれていきます。
大抵の場合はそのような人は違う方向性に進路を取る事になるわけですが、これは完全に敗北宣言と考えてもいいでしょう。
それぐらいに競争というのは厳しいものがあるわけです。
此処には一切の言い訳は通用しません。
ゆとりなので、合格ラインを下げてくださいというような事は全くないわけです。
この事一つを考えても如何にゆとり等考え方が怖いのかという事が分かるでしょう。
この考え方を提唱している人は、この考えを受け入れた人の人生の責任を取るような事はないのです。
口から理想論としてゆとりをもって生活をするというように言っているだけですから、これほど安易な事は無いといっていも良いかもしれません。
自分の場合は、この事を若い時に理解することが出来ましたから、いち早く考え方を切り替えることが出来ました。
確かに、もっと若い時に考え方を切り替えた人からすると、遅いという事はありましたが、ほとんどの人がこうした考え方が出来ていない時だったので良かったという様にも感じています。
自分が自分の人生に責任を持つという事は当たり前の事で、その為には人以上に頑張る必要がある事も分かったのです。
予備校では頑張る人が結果を出している事がほとんどでした。
一部の天才的な人は頑張らないでも結果を出していたかもしれませんが、それは人には見せていないだけという事もなんとなくは分かってきました。
そのため、自分もやらなければならない事を心の中から理解出来たのです。

自分にとっては医学部の予備校が人生の出発点となった / 今でもこのゆとりの考え方を持っていたと考えるとぞっとする / いち早く考え方を切り替えることが出来ました