医学部の予備校が人生の出発点となりました

今でもこのゆとりの考え方を持っていたと考えるとぞっとする

その無くしてしまう魔法の言葉がなるようになるという言葉でしょう。
適当に生きていれば何とかなるというような甘い考え方が、この言葉の中にはあるという事が言えます。
ですが、現実というのは極めて厳しいもので、そのような事はまずありません。
何しろ全ての人が自分は良い思いをしたいという事で競争をしているわけですから、少しでもその競争を止めてしまうという事をすれば、その時点でおいていかれることになるのは明白というよりも、当たり前の事になります。
それを義務教育では教えないわけです。
自分がこの事をはっきりと理解したのも、この予備校時代という事がいえるでしょう。
いわゆるゆとりと言われる時代でもあったわけですが、この意味が本当に分ったのが、この頃で、ゆとりというのがどれだけ怖い考え方なのかという事が分かった瞬間でもあります。
今でもこのゆとりという考え方を持っていたと考えるとぞっとするものがあります。
このような考え方をしていて、まず今の暮らしを手に入れることは出来なかったでしょう。
人に勝たなければ良い暮らしをする事が出来ないというのは当たり前の事です。
何しろ受験という事一つを取ってみても、明確に多くの人よりも成績のいい人を採用するという事を明言しているシステムという事になっています。
つまり、このシステムは勝者と敗者を明確に分けるというシステム以外の何物でもないわけですから、これにゆとりの考え方が通用するわけがありません。

#医学部 #獣医学部 の 早稲田ゼミナール #医進塾 では、医学部の「大学別入試対策」を開講。

詳しくは、こちら。
https://t.co/Z1UWQMZeJu #冬期講習 #医学科 #医師 #北里大学 #杏林大学 #東京医科大学 #医学部専門予備校 #医学部予備校 #医学部受験 pic.twitter.com/HptNYSa26i

— 医進塾PR (@ishinjukuPR) 2019年1月19日

自分にとっては医学部の予備校が人生の出発点となった / 今でもこのゆとりの考え方を持っていたと考えるとぞっとする / いち早く考え方を切り替えることが出来ました